Argos Wityu is launching an “Article 9” buyout climate fund dedicated to European SMEs, with a clear CO2 intensity reduction target of 7.5% per year, and a direct alignment of team incentive on the environmental performance.

Argos Wityu is excited to announce the launch of its new climate action strategy, which aims at leveraging its 30-year track record of transforming European SMEs by facilitating the “Grey to Green” transformation of the core economy and shaping sustainable leaders. This impact fund will be registered as “Article 9” under EU Sustainable Finance Disclosure Regulation (SFDR), the most demanding level of environmental ambition. It will set a clear target of reducing by at least 7.5% per year the intensity of portfolio companies’ greenhouse gas emissions (GHG), and align team incentives by tying 1/4 of its equity incentive to the achievement of this objective.

Argos Index® 2022 年第 1 四半期

Download the Argos Index® を共有する 主な結論 The Argos Index® climbed to 10.6x EBITDA Following the second-half 2021 correction, the Argos Index® advanced in the first quarter of 2022 to 10.6x EBITDA. It was driven by the high end of the market – lower mid-market multiples remained stable – and by the prices investment funds paid, […]

Argos Index® 2021年第4四半期

Download The Argos Index® を共有する 主な結論 Argos Index®は下降傾向を継続し、10.0x EBITDAに Argos Index®は2021年第3四半期の下降傾向を継続し、第4四半期は9%低下して10.0x EBITDAとなった。これは過去5年間(2017年~2021年)の平均値と同水準だが、歴史的に見ると依然として高い水準にある。 この下降傾向は、市場の全セグメントで確認されている。投資ファンドとストラテジックバイヤーの買収価格のマルチプルは、アッパーおよびロウワー・ミドルマーケット共に、10x EBITDAに近づいている。 このように一見近似したマルチプルの陰で、実際には事業セクター間の分極化が進んだ状態が継続している。指数の相対標準偏差は依然として50%以上であり、テクノロジー-ヘルスケア・セクターと工業-サービス・セクターの間には、平均4x EBITDAを超える大きなマルチプルの差が存在する。 活発な動きを見せ続けるM&A市場で、工業およびサービス・セクターでの買収が確実に回復しており、指数の低下を後押ししている。これらのセクターは前四半期と同様、サンプルの60%以上を占めており、サンプルはコロナ以前のセクター構成に戻っている。 経済成長の力強い回復と中央銀行による低金利の維持に牽引されるM&A市場の継続的な上向き基調を背景に、Argos Index®は引き続き高水準にある。一方で、第4四半期に見られたArgos Index®の低下には、新型コロナの相次ぐ感染の波やバリューチェーンの混乱、エネルギーと原材料の価格高騰の影響、そしてインフレ再来の見通しに対する経済主体の懸念も反映されている。 Argos Index®ミッドマーケット EV/EBITDA倍率中央値の6カ月移動平均値 出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon Research 投資ファンドとストラテジックバイヤーの価格のマルチプルの収束により、市場の一貫性が回復 投資ファンドの買収価格のマルチプルは、今四半期に11.5%低下して10.0x EBITDAとなった。第2四半期に記録的な高水準に達した後、第3四半期以降は下降傾向が継続している。 前四半期と同様に、実現された取引はヘルスケアおよびテクノロジー・セクターへの集中が緩和され、これがマルチプルの水準に直接的な影響を及ぼした。一方で、資金調達の条件と投資に充てられる資本ストックに支えられ、M&A活動は現在も堅調である。質の高い資産をめぐる激しい競争が続く中で、マルチプルはストラテジックバイヤーの価格の方に収束している。 企業価値/ 実績EBITDA 出所 : Argos Index© ミッドマーケット / Epsilon Research マルチプルの分散が拡大 マルチプルが15x EBITDAを超える取引は2021年第4四半期も増加を続け、分析対象の取引全体に占める割合が過去最高の26%に達した。 Argos Index™のサンプルにおけるマルチプルが15x EBITDA を上回る取引の割合 出所: Argos Index© mid-market / […]

Argos Wityu mobilizes for Ukraine 

In a collective action, Argos Wityu team members have joined forces to donate to Médecins Sans
Frontières/Doctors Without Borders. More than 52,500€ were collected internally. This amount was doubled by
Argos Wityu, bringing the total amount of the gift to over 105,000€.

Argos Index® 2021年第3四半期

Download the Argos Index® を共有する 主な結論 Argos Index®は11.0x EBITDAに修正 2021年第3四半期はArgos Index®が11.0x EBITDAまで下降したが、過去と比較して高い水準を維持している。 この下降傾向は、投資ファンドの買収価格が第2四半期に史上最高の水準に達した後に、11.3 x EBITDAに下落したことが関連している。その結果、投資ファンドの買収価格は、ストラテジックバイヤーの価格(10.9 x EBITDA)に近づいている。 指数の下落の原因として、サンプルのセクター構成が、コロナ禍以前の状態に戻っていることが挙げられる。これは、従来のセクターにおける取引数が通常に戻ったことを反映している。こうして2021年第3四半期には、ヘルスケアおよびテクノロジー・セクターの取引の割合が再び40%を下回った。 この傾向はまた、セクター間で市場の分極化が進んでいることにも表れている。コロナ後の異例な状況(2020/2021の数値は分析しづらく、キャッシュフローの変動が大きい)の中で、指数の標準偏差が非常に大きくなっている。 指数が高水準を維持している背景には、依然として非常に有利なマクロ経済状況がある。欧州におけるワクチンの成功と、欧州連合と各国による経済主体への大規模な支援により、予想されたよりも迅速で顕著な経済成長が再開しており、欧州中央銀行(ECB)が例外的な金融情勢を維持していることが、利益を求める流動性の流入につながっている。 Argos Index®ミッドマーケット EV/EBITDA倍率中央値の6カ月移動平均値 出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon Research 投資ファンドの買収価格のマルチプルは下落傾向に 投資ファンドの買収価格のマルチプルは、第2四半期に過去最高値を記録した後、11.3x EBITDAに急落した。 実現された取引は、ヘルスケアおよびテクノロジー・セクターへの集中が緩和され、これがマルチプルの水準に自動的に影響を及ぼした。 一方で、価格は依然として非常に高水準にあり、ストラテジックバイヤーが支払った価格をわずかに上回っている。例外的な資金調達条件、投資に充てられる資本ストック、質の高い資産をめぐる激しい競争が、この高水準の価格を支えている。 世界中の投資ファンドの活動(1)は、2021年の第1~3四半期で8200億ドルに達し、これは1980年代以来の最高水準であり、M&A市場の4分の1を占めている。 1 出所:Refinitiv in Les Echos, 2021/10/1 企業価値 / 実績EBITDA 出所:Argos Index®ミッドマーケット / Epsilon Research 15倍を超えるマルチプルの割合は、全体の4分の1で安定 2021年第3四半期は、マルチプルが15x EBITDAを超える取引の割合が依然として高く、分析の対象となった取引の4分の1を占めている。 株式市場の上向き基調とビジネスモデルの変革の後押しを受け、上場企業がミッドマーケットで非常に活発に ストラテジックバイヤーによる買収価格のマルチプルは、今四半期も10.9x EBITDAの高水準を維持した。ストラテジックバイヤーは主に大手上場企業であり、全体の78%を占めている。この傾向は上半期から続くものであり、Argos指数の開始以来の最高水準にある。 […]

Argos Index® 2021年第2四半期

Download the Argos Index® を共有する 主な結論 Argos Index®は上昇を継続し、11.6x EBITDAに到達 Argos Index®は2020年下半期からの強い上昇基調を維持し、11.6x EBITDAに到達して再び最高値を更新した。 投資ファンドによる買収価格のマルチプルは当四半期に12.9x EBITDAに達し、この高水準のマルチプルが第1四半期と同様に指数を牽引した。他の市場セグメントでも、マルチプルは第1四半期の非常に高い水準を維持している。 指数が高水準にある要因として、2021年第2四半期のArgos Index®に含まれる全取引の半分を占めるヘルスケアおよびテクノロジー・セクターの取引も挙げられる。これらの取引のマルチプルは、他のセクターよりも高く(他のセクターの10.7x EBITDAに対して12.8x)、前四半期と比べて上昇している。 非常に有利なマクロ経済状況もまた、指数の継続的な上昇を支えている。欧州におけるワクチン接種の加速と、欧州連合、欧州中央銀行(ECB)、そして各国による経済主体への大規模な支援の結果、予想より速く、顕著に経済成長が回復している。 Argos Index®ミッドマーケットEV/EBITDA倍率中央値の6カ月 移動平均値 出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon Research 投資ファンドによる買収価格は記録的な水準を維持 投資ファンドによる買収価格のマルチプルは力強い上昇を続け、当四半期には過去最高の12.9x EBITDAに達した。 マルチプルを引き上げている要因として、経済成長の急速な回復や、プライベートエクイティへの投資が依然として記録的な水準にあること(1)、買収資金の借入コストが低いこと、危機の影響を受けなかった企業を巡ってストラテジックバイヤーとの激しい競争があることが挙げられる。 世界全体で今年の上半期に投資ファンドにより行われた買収の総額(2)は、1980年代以来最高の5130億ドルに達し、M&A市場の18%を占めている。 一方で、投資ファンドによるミッドマーケットの取引は第1四半期と同様、ストラテジックバイヤーよりも高い均一性を示している。相対標準偏差は、ストラテジックバイヤーが48%であるのに対して投資ファンドが33%となっている。投資ファンドが買収した企業のプロフィールも依然として均一性が高く、危機の影響が少ない質の高い企業が選ばれている。 1 Prequin によると、ドライパウダーの総額は1.5兆ドルに達している。(FT / Lex, 2021/7/1) 2 出所:Refinitiv in The FT, 2021/7/1 企業価値 / 実績EBITDA 出所:Argos Index®ミッドマーケット / Epsilon Research マルチプルが15x を上回る取引の割合が上半期に著しく増加 […]

Argos Index® 2021年第1四半期

Download the Argos Index® を共有する 主な結論 Argos Index®は上昇を続け、11.3x EBITDAに到達 Argos Index®は、記録を更新して史上最高の11.3x EBITDAに到達した。 当四半期のこの動きは、ミッドマーケットのハイエンド(エクイティが1億5000万~5億ユーロ)および、マルチプルが新記録を更新した投資ファンドによって推進されている。 ワクチン接種の進捗や長期利率が低水準を維持していること、株式市場の堅調な上昇が、ユーロ圏の成長回復の展望に拍車をかけ、企業価値評価にプラスの影響を及ぼした。 2020年下半期と同様、この高いマルチプルには標本の構成も反映されている。前四半期よりも割合は下がっているが、2021年第1四半期のArgos Index® にて参照された取引のほぼ50%が、ヘルスケア・セクターおよびテクノロジー・セクターにおけるものとなっている。 Argos Index®ミッドマーケット EV/EBITDA倍率中央値の6カ月移動平均値 出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon Research 投資ファンドによる買収価格のマルチプルが著しく上昇 投資ファンドによる買収価格のマルチプルが大幅な上昇を継続し、2004年にArgos Index®が開始して以来最高の12.7x EBITDAに到達した。 以下の3つの要因がマルチプルの上昇を後押している。(i) ストラテジックバイヤーによる競争が激しいこと、(ii)プライベートエクイティ投資が着実な伸びを続けていること(その背景には高水準のドライパウダー)、(iii)買収のための債務のコストが低いこと(中央銀行の政策に関連)。 2021年第1四半期の投資ファンドによる買収のマルチプルは、ストラテジックバイヤーのマルチプルよりも均一であり、全産業においてマルチプルが上昇していると推測される。ストラテジックバイヤーの相対標準偏差が40%であるのに対し、投資ファンドの相対標準偏差は25%である。買収した企業のプロフィールも投資ファンドの方が一様であり、危機の影響が比較的少ない質の高い企業となっている。標本の中でマルチプルが最も低い5件(<7.5x EBITDA)はすべて、ストラテジックバイヤーによる買収案件であった。 企業価値 / 実績EBITDA 出所:Argos Index®ミッドマーケット / Epsilon Research マルチプルが15x EBITDA を上回る取引の割合は約16%で高水準を維持 Argos Index™の標本内の15x EBITDA を上回る取引の割合(%) 出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon Research […]

Argos Index® 2020年第4四半期

Download the Argos Index® を共有する 主な結論 Argos Index® は11.1x EBITDAで過去最高に Argos Index®は過去最高の11. 1x EBITDAに達した。 ミッドマーケットのM&A活動が落ち込む中、マルチプルは全てのセグメントで上昇している。この大幅な上昇には、以下の状況が関係している。 新型コロナウイルス感染爆発の第2波や、2020年のユーロ圏における4%減の景気後退にもかかわらず、ウイルスに有効なワクチンの発見によって経済成長回復の見通しが生まれていること 中央銀行が大規模な介入を行って長期金利を低水準に維持していること 一方で、マルチプルの水準にはArgos Index®の構成の変化も関わっていると言えよう。第4四半期に指数算出の対象となった取引の65%がヘルスケアセクターとテクノロジーセクターに関連しており、この割合は第3四半期より15ポイント増加している。コロナ禍のマイナスの影響を免れ、むしろプラスの影響を受けているこれらのセクターは、景気変動の影響を受けず、マルチプルは高水準を維持している。 Argos Index®ミッドマーケット EV/EBITDA倍率の6か月移動中央値 出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon Research プライベートエクイティファンドの価格のマルチプルが初めて10xのラインを超え、ストラテジックバイヤーとの差がついに縮小 投資ファンドの価格のマルチプルが20%以上の急激な伸びを見せ、2004年のArgos Index®開始以来最高の11.2x EBITDAに達した。 危機の影響を受けていない企業をめぐるストラテジックバイヤーとの激しい競争と、プライベートエクイティへの投資1の継続的な増加に加え、買収資金を低コストで調達できること(中央銀行の政策に関係している)が、マルチプルを引き上げている。 1 Preqinは、プライベートエクイティ(PE)運用資産残高(AUM)が2020年の4.4兆ドルから2025年には9.1兆ドルに倍増すると予測している。出所:: Institutional Investor (2020年11月4日) 企業価値/ 実績EBITDA 出所:Argos Index®ミッドマーケット / Epsilon Research マルチプルが15x超の取引の割合は全体のほぼ20%を占めている マルチプルが15xを上回る取引の割合は、2019年下半期に記録された水準に戻っている。 Argos Index™の標本にマルチプルが15x EBITDAを上回る取引が占める割合 出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon […]

Argos Index® 2020年第3四半期

Download the Argos Index® を共有する 主な結論 Argos Index®は10.1x EBITDAに上昇 指数は2019年の水準まで回復。Covid-19感染拡大の勢いは夏の間弱まったかのように見え、第3四半期のユーロ圏における経済成長回復のスピードは予想を上回った1。このような状況の中、M&A活動の再開と記録的水準にある株式市場、11.8x EBITDAという高さのミッドマーケット(自己資本価値が1億5000万~5億ユーロ)のマルチプル最高値がArgos Index®を引き上げることとなった。 指数が高水準に回復した背景として、コロナ禍の影響を免れたセクターの取引が大きな割合を占めたことも挙げられる。指数の算出対象となった取引の50%が、医療セクターとテクノロジーセクターにおけるものとなっている。 1ユーロ圏経済は、第2四半期に新型コロナ大流行を原因とする落ち込みを見せたが、第3四半期に予想を上回る勢いで回復 – 出所:www.nasdaq.com グラフ 1 –Argos Index® ミッドマーケットEV/EBITDA倍率の6か月移動中央値出所: Argos Index©ミッドマーケット / Epsilon Research ストラテジックバイヤーに牽引されてマルチプルが上昇 ストラテジックバイヤーによる買収価格は10.5x EBITDAに上昇した。ミッドマーケットでは上場大企業が活発な動きを見せており、2020年初めよりストラテジックバイヤーの70%以上を占めている。特に株式市場の急速な回復1と、上場企業自身のマルチプルの大幅な上昇(第3四半期は9%増の8.5 x EBITDA)2が上場大企業にとってプラスに働いている。 第3四半期は取引数が回復し、LBO案件数が第2四半期比で50%増加する中、投資ファンドによる買収価格のマルチプルは9.2x EBITDAで安定した。投資ファンドは依然として高水準のドライパウダーを保持しており、投資のリズムを迅速に取り戻している。 1 EURO STOXX® TMI Small 指数は2020年4月1日~9月30日で20%回復2ユーロ圏ミッドマーケット上場企業のEV/LTM EBITDA 倍率は8.5(出所:smallcaps.infrontanalytics.com) グラフ 2 企業価値 / EBITDAの推移出所: Argos Index©ミッドマーケット/ Epsilon Research 20x EBITDA超の取引の割合が減少 マルチプルが15x EBITDAを上回る取引の割合は、2019年下半期に記録された水準に戻っている。一方で20x EBITDAを超える取引の割合は大幅に減少した。 グラフ […]