Argos Index® ミッドマーケット

方法論と連絡先

01

Argos Index® ミッドマーケット

Argos Index®ミッドマーケットは、ユーロ圏ミッドマーケット非上場企業の価値評価の推移を示す指数です。Argos Wityuが、非上場企業のM&A取引管理のためのオンラインプラットフォームEpsilon Researchとともに、2006年末に発表しました。以降四半期ごとに作成され、過去3か月間のミッドマーケットセクターの企業買収を数値化しています。


非上場セクターのプロフェッショナルが参照する指標として、厳密なメソドロジーと取引の詳細な分析を基盤に作成されており、この分析においては個々の取引について、オペレーションの構造や企業の活動(修正再表示された財務情報)、取引のマルチプルが精査されています。Argos Index®は、8000件以上のM&Aの分析レポートが蓄積されたEpsilon ResearchのデータベースEMAT (Epsilon Multiple Analysis Tool) のデータを基に計算されています。


各四半期に、Epsilon Researchは信頼できる財務情報に基づき、指数の対象となる条件(自己資本の価値が1500万~5億ユーロのユーロ圏内企業の過半数株式取得)を満たす取引の約25%を詳細に分析しています。


Managing Partner

Louis Godron

「Argos Indexは、堅固なメソドロジーに基づき、かつ用いられる情報の質が保証された非上場市場のベンチマークを定めたいという意志から生まれました。この堅固さという考え方がArgos Indexの本質そのものです。」 ― ルイ・ゴドロン

Managing Partner

Frank Hermann

「企業のCEOが『今が売るべきタイミングか』と迷う時に、Argos Indexはその判断をサポートし、景気循環の変化について欠かすことのできない情報を提供します。Argos Indexの揺るぎない正当性は、その存続と独立性によって裏付けられています。」 ― フランク・ヘルマン

Founder, epsilon research

Grégoire Buisson

「Argos Indexが今日欧州における指標となっているのは、私たちがEMAT(Epsilon Multiple Analysis Tool) データベースに蓄積された、信頼性が保証されたデータを使っているからです。このメソドロジーがArgos Indexの歴史の基盤です。個々の取引について文書を検索し、年次レポートを調査し、オペレーションを再構成し、仮定を立てるという緻密な作業を私たちは行っています。」― グレゴワール・ビュイッソン

02

Invest Europe CEO エリック・モンゴルフィエ氏のインタビュー

Argos Index®は信頼性が非常に高いデータに基づいた、欧州非上場企業の価値評価を測る重要な指標です。」

様々な投資ファンドでの経験をお持ちであるInvest Europe CEOのモンゴルフィエ氏から見たArgos Indexとは。

Argos Index®が今や15年という長い期間にわたって発表され続けていることを高く評価しています。以前に投資ファンドの責任者のポストに就いていた頃は、毎回Argos Index®が出るとすぐにチェックをしていましたし、投資家とのミーティングに活用したことも何度もあります。非常に有益な市場ツールであり、信頼性の高いデータに基づいた、欧州非上場企業の価値評価を測る重要な指標です。四半期ごとに発表されるArgos Index®では、価格の推移に加えて傾向を特定する合理的な説明が提供されます。これがとても重要です。

Argos Index®Invest Europeが算出するデータの主な違いは何でしょうか。

Argos Index®が提供する情報は、私たちの情報とは異なります。私たちは投資に注目し、一方でIndexは企業価値評価に注目しています。私たちは投資のマッピングであれば詳細を極めたものができますし、どこから資金が来て、いつ、どこに投資されるかを正確に言うことができます。しかしArgos WityuとEpsilonのように、誰がどの価格で買収したかを把握するようなメソドロジーは開発していません。サンプルも異なります。Argos Index®はユーロ圏にフォーカスし、私たちは地理的な意味でのヨーロッパを対象としています。だからこそArgos Index®のデータは私たちのデータを補完する役割を果たしています。

Invest Europeの特徴とは。Argos Index®Invest Europeが行う他の調査をいかに補完できるのでしょうか。

Invest Europeは何年も前から資金調達、投資、ディスインベストメントに関するデータを算出しています。数年前に欧州のプライベートエクイティファンドとベンチャーキャピタルの全団体と提携したデータ収集プラットフォーム『EDC』(欧州データ協同組合)を設立しました。標準化されたメソドロジーを備えたこの唯一のプラットフォームを使えば、欧州全体について比較可能で一貫性のある統計を、半期・年間の単位で出すことができます。これを基に私たちは、資産運用会社や投資家、政策決定者、規制監督当局、その他のステークホルダーに対してより適切な情報を提供しています。15名のスタッフが大量のデータを収集して処理しています。その作業量は膨大で、Argos WityuとEpsilonがArgos indexを策定する時と同じでしょう。

簡潔に言うと、私たちのメソドロジーの出発点は共通しています。それは「統合されたデータは市場にとって価値をもつ」という認識です。

03

私たちについて

Argos Wityu

Argos Wityu は事業譲渡をサポートする欧州の独立系投資ファンドです。これまでに80を超える起業家をサポートした実績とともに、変革と成長、そして経営陣との密接な関係を重視する複雑なオペレーションを軸とした投資戦略を展開しています。Argos Wityuは過半数株式の取得を中心に、取引1件当たり1000万~1億ユーロの投資を行います。10億ユーロの運用資産と30年に経験に支えられ、ブリュッセル、フランクフルト、ジュネーブ、ルクセンブルク、ミラノ、パリに拠点を構えています。

Epsilon Research

Epsilon Researchは、プロフェッショナルに向けた非上場企業のM&A取引管理に資する初のオンラインプラットフォームを開発しました。このプラットフォームでは、非上場企業の価値評価と投資管理に欠かせないデータや分析レポート、ソフトウェアツールやサービスが提供されています。欧州内の取引のマルチプルに関する最大のデータベースであるEMATには、全産業セクターの100万~5億ユーロ規模のM&A取引7500件以上の分析レポートが蓄積されています。また、Argos指数を含むEpsilonが定期的に発表する指数や調査を参照し、コンタクトやM&Aプロジェクト、類似評価プロジェクト、プライベートエクイティファンドのポートフォリオを管理するクラウドベースのソフトウェアを利用することができます。

04

コンタクト

Argos Wityu

Louis GODRON

112, avenue de Wagram
75017 Paris 
+33 1 53 67 20 50
lgo@argos.fund

Argos Wityu

François BECQUE

112, avenue de Wagram
75017 Paris 
+33 1 53 67 20 50
fbe@argos.dfund

Communications Director

Coralie CORNET

112, avenue de Wagram
75017 Paris 
+33 1 53 67 20 63
ccc@argos.fund

Epsilon Research

Grégoire BUISSON

7, rue Ambroise Thomas
75009 Paris 
+33 1 47 70 30 24
https://www.epsilon-research.com
gregoire.buisson@epsilon-research.com

Newsletter subscription

* required fields